汗で流れる水分と塩分

汗をかいた後には、水分補給が必要になりますよね。これはもう、耳にたこができそうなくらい何度も聞いていたり、色々なところで目にしていたりするかもしれないですが、場合によっては水分と一緒に塩分を摂る必要があったりします。

快糖茶の口コミ効果!

食事のメニューを決める時には、つい気になってしまう塩分ですが、外で長時間の運動をすると汗と塩分が失われていきます。そこで、流れていった塩分を補給するにしても、わざわざ塩を持ち歩くというのは大変なので、楽に塩分の補給ができる良い方法があります。
その方法とは飴を舐めることなんですが、ただの飴ではなくて、塩分の補給にピッタリな塩飴を舐めます。飴なので、ゆっくりと最後まで舐めるようにすると、一粒でもけっこう長持ちしてくれるのが嬉しいですね。

また、今までの飴にあった甘い物というイメージとは違って、程よい塩気のある飴なので、塩分を補給したい時以外にも食べたくなりますね。塩飴は塩分の補給ができて、飴としても美味しいので、周りの方々にも勧めやすいと思います。これからは、暑い日に外で運動をした後も塩飴を舐めて、体調の管理がしやすくなりますね。

暑いからといって必要以上に塩分摂取をすると、塩分のとりすぎになります。その日の運動量や汗の量、食事をきちんとしたのかを考えて、1日何個までかを計算して摂取しましょう。日常生活や軽い散歩程度なら、水分補給で充分です。