もう限界、シミ隠し。次の手段は?

40代後半女性です。若い頃の日焼け好きが祟って、シミが目立つようになりました。年相応に、たるみやほうれい線の悩みも深刻になり、最近では、自撮りはもちろんのこと、カメラを向けられても逃げるようになってきました。特に悩んでいるのはシミです。http://cinquiemeetageproduction.com/

化粧品市場には、星の数ほどあるシミ対策の基礎化粧品やメイクアップ用品の数々。色々試したのですが、どれも効果があったようにも感じず、限界にきています。ファンデーションもカバー力のある物を選べば、厚塗りのヌリカベになってしまい、余計に老けた印象に。

それに、何はともあれ、とにかくシミ対策にかかる費用が高いのです。基礎化粧品についても高価な物だと、化粧水で数万、ファンデーションも万単位のお金になるものもあり、これだけ払っても、シミ自体は消えることなく、いつまでも顔面に載っているのです。

というわけで、意を決して美容外科デビューをすることに決めました。様々な美容外科医院の情報を集め、目ぼしいところを決めたところです。想像していたよりも、シミ取りの治療は昔と違って手軽に気楽に出来るようになっているのですね。高価な化粧品よりも、もっと早くに美容外科を調べれば良かったと後悔しています。

それにしても、こういった美容外科に興味が出てくると、時々インターネット記事に出ている高須クリニック院長の高須先生の記事を食い入るように読んでいます(笑)中高年になった芸能人の容姿に関する院長の評論は、プロの視点からなるほどと思えることが沢山あります。

(私は決して高須クリニックの回し者ではありません)私は不幸にも身近に美容外科に通院していた人がいないので、こういった記事が頼りになってしまう現実があります(涙)化粧でシミ隠しにギブアップした人間の呟きでした。