女性が自宅で簡単にできる筋トレ

筋トレは、ダイエットするのに大切です。ダイエットに必要なのは、「遅筋」と呼ばれる、筋肉の70~80%を占める部分を鍛えることです。遅筋は、持続した軽い負荷の筋トレを行うことで鍛えることができます。

鍛神HMB

とはいえ、わざわざジムに通うのは面倒という人は少なくないでしょう。遅筋は、自宅でできるトレーニングでも鍛えることが可能です。女性でも簡単にできる遅筋を鍛える筋トレの代表が、腹式呼吸です。腹式呼吸を筋トレと意識していない人が少なくありませんが、腹式呼吸は立派な筋トレです。

腹式呼吸は、鼻から息を吸います。5秒間、ゆっくりと息を吸います。お腹が膨らむのを意識するのがコツです。息を吐く時は、口から行います。同じく5秒かけてゆっくりと息を吐きます。お腹を凹ませて、最後はお腹が痛くなるほど凹ませるのがコツです。これを5セット繰り返します。

次に、体幹を鍛えましょう。体幹を鍛えると、代謝を上げることができて、全身的なダイエットになります。床に両膝をついて両手を伸ばして支えます。右手と右足を床と平行になるように持ち上げます。その姿勢を5秒キープします。その後、左手と左足を同じように持ち上げて5秒キープします。このセットを10分続けます。テレビを観ながらできる手軽な筋トレです。