無理なく痩せるには、ホットヨガがおすすめ!

学生時代は陸上部に所属してほぼ毎日のように走っていたので、どんなに食べたりしても太るということがなく過ごしてきましたが、社会人になり、夜遅くまで仕事のため夜ご飯の時間が遅くなったり、飲み会が多いためアルコールの摂取が多くなったり、走ったりする機会が減ったりしてしまい、体重がみるみるうちに増えてしまいました。ただ過酷なダイエットに挑戦してしまうと、仕事も大変ななか、ストレスが溜まってしまうだけでした。そのため無理せずダイエットしようと決めて、ホットヨガスタジオに通い始めました。

通い始めてからすぐに、二の腕やお腹、ふくらはぎなど脚が引き締まってきて、インナーマッスルがついてきている実感を持てました。2ヶ月ほど経った頃、前屈してもまったく手が足の裏まで到達できなかった体が、軽々と前屈できるくらい柔らかくなりました。3~4か月ほど経った頃には、体の代謝が良くなり、慢性的に患わっていた肩凝りもあまり感じなくなり、全体的に体の調子が良くなりました。そして食事の量を制限しなくても、体重が増えなくなりました。

通っていたヨガスタジオには、ボクササイズのような体を激しく動かすコースまであり、気分によって運動量を調節できてよかったです。あまり苦労したりストレスを溜めることがないまま、自然と一年で5キロ痩せることができました。

サウナスーツダイエット

ぽっちゃり体型の私は痩せたいなあとは思いつつ、実際にはやってみたことはありませんでした。

とにかく白米が大好きで、ご飯時にたらふく食べることで脂肪という名のエネルギーチャージが楽しい!

ただ、お休みに漫画をゴロゴロと読んでいたら洗濯物の中に家族のウィンドブレーカーを見つけて、ヒートテックを着込んでいたのに何を思ったかとりあえず着てみる。

春先だったし暑い。

暑いけどカサカサした手触りが気持ちよくてそのまま寝てしまい、起きたら汗がびっしょり。

寝汗かきすぎて喉もカラカラだったのでしっかり水分補給してから試しに体重計乗ってみたら体重がちょびっとだけ減っていて。

ただ単に水分が抜けただけなのかもしれないけれど、以外とサクサク痩せるかも?と調子に乗ってしまいました。

私は翌日から

ウィンドブレーカーとヒートテックを着る。

カッコイイアスリートっぽい水分ボトルを片手にもつ。

リストバンドなんてつけちゃったり。

ちょっと私カッコイイなんて考えてたら形から入りすぎて家族には笑われる。笑

買ったけど使っていないペダルを踏んで足踏みをするダイエットマシーンを引っ張り出してきて、

テレビを見ながら30分~1時間を2週間。

まさかの4kg減量に成功してしまいました!

続けられなければいいかっていう程度で、その後もサボりガチな日もありつつ

それから2ヶ月、まさかの 8kg減量…!

痩せてから白米の量が自然と減ったけれど今でも白米は大好物ですしリバウンドもないです。

痩せなきゃ、やらなきゃと思ったら続かなかったと思いますが、まずは形から軽い気持ちで成功したらラッキーくらいでいいのかもと思いました。

ブライダルエステで学んだダイエットのコツ

結婚式の3ヶ月ほど前から、私はブライダルエステに通いました。週に2度エステに通ったおかげで、身体の凝りはほぐれ確かに痩せましたが、施術だけに頼っていてはいけないとそこで教わりました。エステティシャンの方が大事にしていたのは施術に通うことではなく、普段の生活を健康的に過ごすことでした。

カウンセリングでは、いろいろと質問されます。朝食は何を食べているか、運動はしているか、何時に食事を摂っているか、何時間睡眠しているか、全てに細かく答えました。私の日常生活スタイルを元に、どんなことに気をつけたらよいかを分析してくれました。分析の結果、結婚式までに私が実践したことは3つです。朝食に味噌汁を飲むこと、お風呂にしっかり浸かること、そして、お腹を整えるサプリメントを飲むことです。

味噌汁の理由は、身体に必要な酵素を摂取するために、味噌が適しているからです。当時一人暮らしだった私は、お弁当を買って帰った時も味噌汁だけは作るようにしました。基本は夜作って食べて、残りを朝食用にしていました。

お風呂は元々好きなので、毎日お湯に浸かることは苦ではありませんでした。自分では意識していなかったのですが、私は冷え性であると指摘され驚きました。ダイエットには、身体を温めたり汗をかいたりすることが重要だと教わりました。

そして、便秘の解消も大事なポイントでした。元気な腸は、健康の源。腸を調えずして痩せることはできないというほど、お腹は大切だったんです。

この3つを守りながら3ヵ月エステに通いダイエットした私は、見事目標のウエディングドレスを着られるまでスマートになることができました。エステの施術の効果を最大限に活かすには、普段の健康的な生活スタイルが重要なんですね。

みんな知っているラジオ体操で健康的にダイエット

以前勤めていた職場では、朝礼前のラジオ体操が恒例でした。でも、大人になってからのラジオ体操は恥ずかしさもあり、真面目に取り組んでいませんでした。しかし、そのダイエット効果がものすごいと話題になってからは、職場の女子たちの目の色が変わり、真面目に体操するようになりました。子どもの頃から知っていて、誰もができるラジオ体操は、とてもよく考えられています。そこで、ラジオ体操の底力についてご紹介します。

なんといっても、だれもができることが魅力です。久しぶりにやってみた人でも、普段運動しない人でも、老若男女その音楽を聞けば身体が動いてしまいます。エクササイズの動きを今から覚える必要がないので、始めやすく続けやすいのです。

そして注目すべきなのは、体操の順序です。少しずつ体を温めていき、しっかりと筋肉に負荷をかけ、最後は呼吸を整えて終わります。怪我をしにくく、疲れが残りにくいように組み立てられています。

驚くべきはその運動効果で、有酸素運動、筋トレ、バランス運動、ストレッチが、たった3分に凝縮されているのです。筋肉を刺激して代謝を上げたり、背骨や骨盤を矯正してよい姿勢にしたり、腸の運動を助けたりと、全身をくまなく使うことで様々な効果が得られます。冷え、便秘、運動不足、猫背など、これらダイエットの大敵をラジオ体操で撃退できてしまうのです。

では、いつ体操するのがよいのでしょうか。朝行えば身体を目覚めさせることができ、代謝のよい状態を持続することができます。夕方は体温が上がっているので、ここで行うと運動効果が増します。1日2回できればベストですね。身体のどこが使われているかを意識しながら、真剣にラジオ体操することをお薦めします。